カードローン返済できないとどうなる?

ローン返済できないとペナルティーあります

 

専業主婦ローンで借りたお金が返済できなくなった時、まずは自分の携帯電話にキャッシング会社から返済を催促する連絡が来ます。
私の場合はその時に「○○日までに返済できない分をきちんと支払います」と約束したので、その後はなにもありませんでしたが、万が一、返済できない状態を放置し続けてしまうとキャッシング会社からペナルティーを課されることになります。

 

携帯電話での返済催促に応じないと次は自宅や夫の職場に返済を促す電話が来ることもあるようです。ここで返済に応じて返済日を約束してきちんと返済に応じればそこで済むみたいですが、その催促にも応じないと自宅に返済の督促状が届くことになります。
そうなるとかなり返済の催促も厳しくなるみたいで、場合によっては「金融事故扱い」となって信用情報機関にキズがついてしまうこともありますので注意が必要です。

 

もし信用情報機関にキズがついてしまうとカードローン利用を一時的に停止されたり、契約を強制的に解約されることもあります。そのような状態になっても返済しないと、いよいよ返済の取り立てがキャッシング会社から保証会社に移って、すごく返済の取り立てが厳しくなると思ってください。そして、最終的には債務整理や訴訟問題となり、夫の給料の差し押さえもされることになるようなのです。このような裁判沙汰での解決になると今後のカードローン利用はかなり厳しくなってしまいます。

 

以上のことから、専業主婦ローンでお金を借りたらきちんと返済することがとても大切なんです!加えて、返済期日から1日でも返済が遅れた場合には、年20%の遅延損害金がかかり、遅れた返済分が支払われるまでこの罰金はかかってしまいます。
と言う訳で私の場合も遅延損害金がかかって支払いました。

 

返済できない場合の対策あります

 

まずなによりも大切な事は、返済できなくなるまで絶対にお金を借りないことです。
私たち専業主婦の場合は収入が無く、返済は夫の給料に頼ることになりますから必ず夫とよく相談して夫が返済できる借入内に留めることがとても大切になるのです。でも、どうしても返済できなくなってしまうことってあると思うのです。その場合には、なによりも返済が遅れてしまう旨をキャッシング会社に電話で連絡してください。
黙っているのは最悪です。返済が遅れる旨の電話では、必ず「○○日までなら返済できます」と伝えることです。また、返済の目途がどうしても立たないような場合は、返済できない理由をきちんと伝える事が大切なんです。そうすればまた返済できるようになるまでは利子分のみの返済だけで勘弁してくれたり、便宜を図ってもらえるのです。でも、きちんと遅れる旨を連絡したからといって、年20%の遅延損害金は勘弁してくれないので注意してください。とにかく返済できない場合には、すぐに連絡を入れて相談することを憶えておいてください。そして、連絡さえきちんと入れて相談すれば、少なくても信用情報機関にキズがついてしまう金融ブラックになってしまうことは避けられると思い