カードローンの返済方法について

たいていの人が、お金を借りることにばかり気持ちが入ってしまって、返済や返済方法についてはしっかり気が回らない、あるいは返済は借りてから考えようとなってしまうのではないでしょうか。ローンは実は返済がとても大切なんです!だからローン利用では、しっかり返済方法を理解してから利用するのが賢いローンとの付き合い方になると言っても過言では無いのです。

 

専業主婦ローンの返済方法

 

専業主婦ローンでは、専業主婦の方専用の返済方法といったものはありません。他の利用者の返済方法とまったく同じになります。一般的な返済方法での賢い返済方法が専業主婦にとっても賢い返済方法になると言えますね。まず賢い返済方法での大前提は、「絶対に返済を延滞しない!」といったことです。返済は、キャッシング会社との間で交わした契約となります。そのことから、つい返済し忘れたといった些細な理由であっても、一日でも返済が遅れると契約違反となって、ペナルティーが課されますよ。そのペナルティーとは、遅延損害金となり、年率20%の遅延損害金を金利とは別に返済しなければならなくなります。つまり、「余計な支払いが増える」と言うことなんです。そのことから専業主婦ローンでの返済では、「必ず返済できる返済日を選ぶ!」ことが肝要となります。返済日は専業主婦でも任意に日にちを決められます。また、35日ごとに返済する方法が選べる会社もあります。とにかく、専業主婦の場合は、無収入なので、返済は実質的に夫の給料に頼ることになるので、夫の給料日になるべく近い日を返済日にするとよいと思います。

 

金利でみる賢い返済計画

 

どの専業主婦ローンでも必ず金利はかかります。そして、金利負担は、返済期間が長くなればなるほど重くなります。それゆえ、金利を考えれば、1日も早く完済することが賢い返済計画になると言えます。

 

専業主婦ローンで賢い返済計画を立てるためには、先の返済日を決めて毎月に一定額を返済していく約定返済に加えて、お金に余裕がある時はどんどん「繰り上げ返済」を任意にしていくことなんです。そして、どの金融機関での返済でも、繰り上げ返済は認めています。
たとえば、夫のボーナス月には、思い切って毎月返済している一定額の何倍かの額を返済してしまうといったことですね。実は、毎月の返済負担を軽くするために、一定額を少なくしてしまうと、負担こそ少ないのですが、返済期間が長くなるので、金利負担分が重くなってしまい、総返済額も大きくなってしまうのです。そして、なかなか元金まで返済分に入ってこないので、ちっとも返済が進んでいないような徒労感を抱いてしまうことはあります。そのことから専業主婦ローンの返済では、繰り上げ返済をどんどん組み込んでいくことが賢い返済方法のコツになると言ってよいでしょう。また、返済での金利負担を少しでも減らすためには、借りる際にできるだけ金利の低いところで借りることが前提になりますよ。