利息の計算方法

専業主婦カードローンでの「利息の計算方法」

 

専業主婦がカードローンでお金を借りる際に、専業主婦専用の利息の計算方法というものはありません。だから「専業主婦だと利息計算が高くなるんじゃないの?!」や「専業主婦だと利息で損をしてしまうのではないの?」といった心配は無用です。たとえば、キャッシング会社のHPを見てみると「年●●%〜●●%」と書いてあります。実は利息の計算方法のベースとなるのが、この「年●●%」といった金利です。

 

そして、金利の数字が低くなればなるほど利息計算による利息額も小さくなるということを絶対に忘れないでください!だから私たち専業主婦がどこかでお金を借りる時はできるだけ金利の低いところでキャッシングするのが「賢い専業主婦!」となります。

 

利息の計算は「日割り計算」

 

金利をベースにした利息の計算方法で、まずおぼえておいて欲しいのは「金利は年利」となっていても実質的には「日割り計算」となることなのです。そのことから借りたお金は一日でも早く返済すればそれだけ利息も少なくて済むということです!では具体的に利息の計算方法について教えます。たとえば、あなたが10万円を年18%の金利で30日間借りたとします。

 

その場合の利息の計算方法は、「10万円×金利年18%÷365日×30日間」となり、その計算式から導き出される利息額は1479円となる訳です。借入額が大きくなったり、借りている期間が長くなると、もちろんそれだけ利息計算による利息額も大きくなります。逆に1カ月間ではなく、15日間で返済すれば日割り計算が半分となるので利息額は740円と少なくて済みます。

 

つまり、利息の計算方法は「借入額×金利÷1年間×借入日数」ということになり、この計算式に自分の借入額や借入期間を当て嵌めて計算すれば簡単に利息額が分かるということです。どうですか?利息の計算方法ってそんなに難しくないと思いませんか?私みたいな金利の計算が苦手だと思っていた専業主婦でも慣れれば金利計算は苦になりません。

 

そして、利息の計算方法さえ知っておけば、毎回キャッシングする際にすぐに利息が計算できるのでお金の借入で損をすることを避けられます。実際に私もきちんと利息の計算をするようにしてキャッシングしてから、利息の返済で上手く立ち回れるようになりました。そのことからあなたも専業主婦カードローンでキャッシングするときは事前に金利負担がどれくらいになるのか、この利息の計算方法を使ってきちんと調べてみる癖をつけると良いと思います。