収入のある主婦と専業主婦のローンの違い

主婦でもローン利用は可能です。また、ローンを利用して即日にお金を借りることもできます!他方、主婦がローンを利用する際には、2通りの主婦に大別されることとなります。それはパートなどで働いて収入を得ている収入ある主婦と家事に専念して働いていない無収入の専業主婦となります。そして、同じ主婦でも両者のローン利用には違いがあります。

 

収入のある主婦なら「自分の収入状態」で好みのローン選べます!

 

パートや契約社員などで働いて安定収入を確保している収入ある主婦なら、自分の収入状態や働き方に見合うローンが自由に選べると言ってよいでしょう。そして、収入ある主婦全般において、おすすめとなるのが消費者金融ローンと言えます。なぜなら、消費者金融ローンは働いている主婦への融資を積極的に行っていると言ってよいからです。それゆえ、パートでも収入ある主婦なら消費者金融のローン審査に通ることは十分に可能となります。また、実際にたくさんのパート主婦の方が消費者金融ローンを利用しています。ただし、金利については、銀行ローンよりもやや高めになってしまいます。一方、パート歴が長くて収入も比較的高い収入ある主婦なら、銀行ローンの利用も可能です。銀行のローン審査は厳しめですが、収入ある主婦への融資を断っている訳ではありません。だから借入条件の良い収入ある主婦なら、銀行のローン審査に通るのは可能なんです。そして、銀行ローンなら金利が低くなるので、主婦にとっては有利な借入先になると言って間違いありません。しかし、消費者金融なら、たいていのところで即日融資が可能となりますが、銀行のローンだと即日融資に対応しているところは少なくなります!

 

専業主婦のローンは限定的です!

 

一方で、専業主婦ローンは、借入先が限られてしまうと言えます。それは専業主婦が無収入だからです。一般的に、ローンでは収入の無い人には利用を認めません。が、無収入の専業主婦の場合は例外となり、夫の収入が安定していれば、夫の収入を担保にして無収入の専業主婦でもローンが利用できるのです。しかし、年収の3分の1までしか融資できない総量規制の対象となる消費者金融ローンでは、「利用者本人に収入ある事」が利用の前提条件となるので、専業主婦だと利用できませんし、そのことから専業主婦のローンとしては総量規制の対象外となる銀行ローンが主となります。
そして、専業主婦がローンを利用する際には、夫に収入ある事実を証明することを要求されるので、夫の収入証明書などの書類提出が必要となるケースが多いのです。加えて、専業主婦自身の身分証となる本人確認書類も必要になります。他方、収入ある主婦なら原則として、本人確認書類のみでローンを利用できます。以上の点が収入ある主婦と専業主婦とのローン利用における違いとなります。