夫がカードローンをしていても借りれる?

夫がカードローンしていると専業主婦カードローン利用に影響する

 

私のような専業主婦が専業主婦カードローンを利用してお金を借りる時って、夫の収入を担保にしてお金を借りることになります。そうなると夫自身が抱えている借金は専業主婦カードローンの審査になにかしらの影響があると考えても良いと思われます。しかし、私の場合は夫がすでにカードローンを利用していても専業主婦カードローンでお金を借りれた訳ですから、「夫がカードローンを利用していると専業主婦カードローンで専業主婦が絶対にお金を借りれない」ということにはならないと思われます。そうなると夫がカードローンをしていて借りれない場合ってどんな場合となるのでしょうか?

 

夫のカードローン残債額によっては借入不可あり

 

「夫がカードローンでどれくらいのお金を借りて返済中なのか?」といったことが専業主婦カードローンでキャッシングできるか否かの分かれ道になってしまうと考えていいと思われます。

 

他方で、どの専業主婦カードローンの利用条件においても「夫がカードローン利用している場合は専業主婦は利用不可」や「夫がカードローンで●●万円以上借りていると専業主婦の利用NG!」といった明記はありません。そのことから夫のカードローン負債がどれくらいあると専業主婦が借入できるのかできないのかに関しては明確には指摘できません。

 

一方で、ひとつの指標となるのが「ローン返済比率」というものがあります。たとえば、ローン返済比率が重視されるのは「住宅ローン」を利用する時みたいなのです。が、同じ融資となるカードローンでも同様に重要視されると思うのですがどうでしょうか?

 

一般的にローン返済比率は年収の30%以内になっているのが好ましいようです。今回の借入額も含めて30%以上になると審査に通らない確率が高くなってしまうみたいなのです。そして、専業主婦カードローンが銀行カードローンとなることで、審査は厳しめで厳密になる傾向があることからも、このローン返済比率の30%以内はひとつの目安になると考えてもよいと思われます。

 

しかしながら、あくまでもひとつの目安なので、たとえローン返済比率が30%以内であっても、夫がすでにカードローンを利用してお金を借りていた場合、専業主婦カードローンでの借入に対する返済能力に疑問を付けられてしまうとローン返済比率の数字に関係なく審査に通してくれないケースもあると考えておいてください。