夫の収入がどれくらいなら安心して借入できる?

専業主婦カードローン申込みには夫の収入制限ありません

 

一般的な専業主婦カードローンへの申込条件において、夫の収入制限を設けているところはほとんどないと言ってよいのです。そのことから「夫の収入がどれくらいなら安心して借入できるのか?」との質問に明確には答えられないのです。ただし、夫の収入は高ければ高いほど専業主婦カードローンの利用で有利になることは否定できません。

 

たとえば、年収500万円の夫をもつ専業主婦よりは、年収2000万円の夫をもつ専業主婦の方が審査で「夫の返済能力が高い!」とみなされるのは事実なので、夫の返済能力は高ければ高いほど、夫の収入を担保にしてお金を借りる私たち専業主婦への融資は有利になると考えるのは自然な事となります。が、「夫の収入が低い」との理由だけで専業主婦カードローンの利用を断られてしまうことはまずないと言ってよいのです。

 

そうは言っても極端に年収が低くて、「夫の年収が100万円しかない」といったあまり有り得ないような状況だと専業主婦の借入を断られてしまうことはあります。また、専業主婦カードローンでの融資上限額は30〜50万円と低めの設定となっていることから、少なくても夫に50万円までの返済能力があれば融資はOKになると考えていいと思われます。一般的に家庭を持って妻と子供を養っている夫なら、まず50万円程度の借金を返済できる能力はあるのが普通だと思います。以上のことから、一般的な夫の収入なら専業主婦カードローンで安心して借りれると思っていいでしょう。

 

「収入の高低」よりも「収入の安定度」が重要

 

専業主婦カードローンの審査で特に重要視されるのは、夫の年収の高低よりも「夫の収入の安定度」となります。たとえば、年収が1000万円ある夫でも「今月は200万円の収入があったが先月は50万円止まりだった…」といったように収入が安定していない場合だと、年収は500万円しかないが毎月の収入は安定している方が専業主婦カードローンでは安心して借入できる年収と言ってよいのです。そのことから「収入がどれくらいなのか?」よりも「どれくらい収入が安定しているのか?」によって安心して借入できるか否かが分かれると考えてください。

 

さらに具体的に言うと、夫が会社員の専業主婦の方が安心して借り入れできる可能性が高いと言ってよく、自営業の夫をもつ専業主婦の方がやや借り難くなってしまう傾向があります。でも「自営業の夫だと安心して借りれない」ということではありません。自営業の夫でもきちんと収入が安定している専業主婦なら問題なく安心してお金を借りれます。