審査について

誰だってローン審査は嫌なものですよね。もし審査に落とされたらどうしよう、私でもローン審査って通るの?など審査に対する不安は尽きないものと思われます。ローンの審査は、だいたいどこも同じ内容になるのを知っていましたか?そして、どんなことを審査されるのかが前もってある程度知っておけば、審査に対する不安や心配は少しは和らぐことになるのではないでしょうか。

 

申込者の「信用能力」を審査されます

 

専業主婦ローンの審査において、専業主婦だから特別に審査が厳しくなったり、審査項目が増えたり、また審査が他の人よりも長くなってしまうと言ったことはまず有り得ません。つまり、専業主婦ローンの審査も他の利用者と同じ審査内容となり、また同じ審査基準になるので、専業主婦だからと言って特別に不安や心配を抱く必要は無いと思います。

 

信用能力の審査

この人にお金を貸しても大丈夫なのかということになります。具体的には、信用情報機関に与信をかけてキャッシングの利用歴に問題が無いかを調べます。そして、この与信情報において、キャッシングでの返済遅延や任意整理や自己破産などの債務整理の履歴が無ければ、信用能力の審査はOKになると考えてよいでしょうね。また、信用能力の審査では、年令・職業・勤め先・勤続年数・居住形態などの個人情報からも調べられます。たとえば、勤続年数が長かったり、収入と雇用の安定度が高い職業となる公務員であったりすると信用能力の上積みとして審査で評価されて有利になります。しかし、専業主婦の場合には、専業主婦は勤めていないので、居住形態が持家か借家か、あるいは固定電話の有無といった家庭に関する個人情報の点で信用能力の上積みかマイナスとなるのかを審査されることになると思われます。

 

申込者の「返済能力」についてもしっかり審査されます

 

返済能力とは、つまりこの人にお金を貸しても返済してくれるのか?との点になります。通常は返済能力に関しては、「安定収入の有無」が一番重視されるのです。その上で、年収の程度や、他社からの借入状況を調べます。特に他社からの借入状況において、複数社からの借入があったり、多額の借金を抱えていると返済能力ではマイナス評価となるので注意してください。

 

返済能力の審査

専業主婦本人は無収入なので、「夫の返済能力」が審査されることになります。それには夫の収入証明書の提出が必要になります。また、夫について信用情報機関に与信をかけてカードローンの利用履歴や現在の利用状況に関しても調べると思われます。仮に夫の利用履歴でなにかしらの問題があると、「夫の返済能力に疑問あり!」とみなされて審査に通してくれない場合もあります。加えて、専業主婦ローンの審査においては、夫の収入状態、夫の勤務状態、さらには家庭内での夫の様子など、夫の素行に関する情報を根掘り葉掘り聞かれて調べられるケースもあるようですね。とまれ、専業主婦ローンの審査における返済能力については、しっかり夫に安定収入がある事実を審査担当者に説明できて納得させられれば、問題は無いと思われます。