審査書類について

専業主婦でも他の利用者と同じように専業主婦ローンを利用する際には、必ず提出しなければならない「審査書類」というものがあります。専業主婦ローンを利用する際に専業主婦だとどのような審査書類が要るのでしょうか?

 

本人確認書類は必須の審査書類

 

専業主婦ローンを利用する専業主婦に限らず、どんな利用者でも必ず提出しなければならない「審査書類」として、本人確認書類というものがあります。本人確認書類は、ローン利用者の身元確認の為の書類となるので、本人確認書類が提出できない専業主婦だと絶対に専業主婦ローンの利用は認めてもらえません。
なぜなら、本人確認ができない人は「身元不明な人」となるので、身元が確かでないような人にはお金を貸すことはできないからです。本人確認書類には、住所などの個人情報が記載されているので、申込書に記入した個人情報の内容にウソや不備がないかを確認するためにも必須の審査書類となります。専業主婦ローンで専業主婦が必要書類となる本人確認書類としては、運転免許証・健康保険証・パスポート、さらには住民票でもOKになると思います。

 

専業主婦ローンでは「収入証明書」が審査書類となるケースが多い

 

もうひとつローン審査において必要になる審査書類としては、「収入証明書」となります。しかし、専業主婦ローン以外のローンでは、収入証明書の提出が審査書類にはならない場合があるのです。
具体的に言うと、消費者金融ローンの場合は、50万円以上の借入と他社との借入額の合計が100万円以上の場合に収入証明書が審査書類として必要になります。銀行ローンの場合では、一般的に100万円以上の借入だと収入証明書が審査書類となります。が、銀行ローンによっては、200万円以上、300万円以上で必要になるところもあります。専業主婦ローンの場合はどうかと言うと、専業主婦は無収入なので、夫に収入ある事実を証明することが専業主婦ローン利用の絶対条件となります。また、専業主婦は収入が無いので自分の収入証明書が提出できないので、審査書類として収入証明書の提出を求められたら夫の収入証明書しか提出できないからでもあります。そのことから専業主婦は、夫の収入証明書を審査書類として提出しなければならないケースが多いと言っても過言ではないのです。しかし、専業主婦ローンの中には、50万円以下の小額融資なら、夫の収入証明書が審査書類とならずにお金が借りられるところもあります夫の収入証明書としては、源泉徴収票・確定申告書・給与明細書などでOkとなります。