専業主婦がカードローンできない理由について

専業主婦がローンを利用する場合に、一番に問題となるのは利用者本人となる専業主婦に収入が無い、つまり無収入であるといった事実なのです。そして、専業主婦は無収入といった事実によって、専業主婦ローンとして利用できるところが限られてしまうことになってしまうのです。専業主婦がローン利用できない理由について考えてみましょう。

 

専業主婦ローン利用できない理由と例外措置

 

専業主婦がローンを利用できない理由として、一般的には、すでに触れたように、ローンを利用する本人に収入が無いことです。どの金融会社のローンでも、利用者本人に返済能力が無い場合には、絶対にローンの利用を審査で認めてくれません。なぜなら、ローン利用を認めてお金を貸しても返済してくれないからです。
また、お金を借りられるローンは、無担保かつ保証人無しで利用を認める「個人向け無担保融資」となることから、利用者本人の信用力や返済能力の有無だけでお金を融資する、言ってみれば信用貸しリスクの高い金融商品とも言えるのです。そして、その意味から言って、専業主婦は「信用貸しリスクがとても高い人」となってしまいます。しかし、専業主婦には配偶者となる夫がいるので、夫の信用力を専業主婦自身の信用力としてみなせることとなります。夫が会社員で安定収入を確保していれば信用貸しリスクは低くなり、それを専業主婦に当て嵌めてローン利用を認められることとなるのです。このような理屈で制度化したのが、夫の収入を担保にして無収入の専業主婦でもローンが利用できるようにする「配偶者貸付」です。配偶者貸付は、ある意味で無収入の人でもローンでお金を借りられる例外措置と言ってよいでしょう。そして、この例外措置となる制度は、配偶者のある専業主婦しか利用できません。

 

例外措置認めても専業主婦ローンが利用不可となるケースは

 

上記で指摘した配偶者貸付や夫の収入を担保にすることで無収入の専業主婦でもローンが利用できる例外措置を認めたとしても、専業主婦ローンの利用が不可となってしまうケースはあります。たとえば、担保となる夫の収入が不安定だったり、雇用が不安定だったり、あるいは夫自身がすでに複数のローンでの借入があって多額の借金を抱えているような場合となります。そのようなケースでは、「夫の収入は担保にならない!」とみなされてしまうので専業主婦ローンの利用は不可となります。

 

そして夫の収入を担保として専業主婦がすでに幾つかの専業主婦ローンでお金を借りている場合です。このケースでは、1〜2社程度の借入で、かつ借金額も多くなければ、新規の専業主婦ローンも利用できる可能性はあります。しかし、3〜4社だと多重債務者とみなされてローン審査に通してくれません。さらに言えば、同時に何社もローンに申込むと、「申込みブラック」と判断されて、この場合も新規の専業主婦ローンの利用は不可となるので注意してください。一度のローン申込は、1〜2社程度に収めておくのが無難だと思いますよ。