専業主婦がカードローンで増額する方法について

無収入の専業主婦もローンを利用してお金を借りられます。また、カードローンでは、借入額を増やすことも可能です。たとえば、最初は借入額の上限が50万円くらいでも、借入実績を積んでいけば、最終的には収入の3分の1までの借入上限額はもらえます。しかし、そもそも収入の無い専業主婦の場合はどうなるのでしょうか?専業主婦でも専業主婦ローンで増額する方法はあるのでしょうか?

 

専業主婦だと増額は厳しいかもしれません

 

専業主婦が他のカードローン利用者と同じように、増額してもらう権利はあります。そして、専業主婦ローン利用者なら、誰でも借入状況や返済状況に応じてローンの限度額を増やすことは原則として可能なんです。
まず第一に考えたいのは、「専業主婦は無収入!」といった事実です。無収入なので増額を認める1つの条件となる「返済能力のアップ」といったことは望めませんよね。そうなると増額してもらう条件としては、非常に厳しくなることが否めません。専業主婦ローンの利用においては、夫の収入を担保にしてお金を借りるかたちとなるので、増額の有無についても結果として夫の信用能力や返済能力の上積み次第ということになると考えられるのです。そのことから専業主婦ローンで増額を認めてもらう条件、あるいは方法としては、配偶者である夫の返済能力次第ということになってしまうと思われます。

 

増額方法は返済実績の積上げ

 

専業主婦ローンに限らず、カードローン等で増額を認めてもらうためには、返済の延滞の無いクリーンな返済実績を十分に積み上げることが、増額方法としてなによりも大切な点となるのです。クリーンな返済実績の積み上げは、利用者とローン会社との間での信頼の積み上げとなります。そのことから専業主婦ローンにおいても、毎月きちんと遅れたり滞納したりしない専業主婦の利用者は、ローン会社にとって「お金を貸してもきちんと返済してくれる信用できる人」といった信頼を得ることになります。
ローン会社との間でそのような信頼の無い専業主婦だと、増額はなかなか認めてくれません。そして、専業主婦ローンで増額を認めてもらうためには、少なくても6か月くらいはクリーンな返済実績を積み上げる必要があるでしょうね。また、専業主婦ローンの増額審査では、実質的に夫の収入状態や経済情況になにかしら上積みがあるかどうかを調べることとなるので、夫の収入が増えたりしていないと審査に通るのは厳しいかもしれませんね。そして、専業主婦ローンで増額審査に申し込んだ場合には、必ず夫の収入証明書の提出が必要になります夫の収入が少しでも増えており、かつクリーンな返済実績も十分な専業主婦なら専業主婦ローンでの増額はかなり有望と言ってよいかもしれません。