専業主婦が持てるカードローンについて

収入の無い専業主婦でも持てるカードローンはあります。その一方で、専業主婦は無収入ということで好きな金融会社でカードローンが持てると言う訳にはいかないとも言えます。

 

専業主婦が持てるカードローンは限られる

 

収入の無い専業主婦でも持てるカードローンを認めている金融会社は限られてしまうでしょうね。そして、「専業主婦でも持てるカードローンは?」と聞かれれば、たいていの専業主婦の方は銀行か消費者金融のカードローンを思い浮かべることになるでしょう。しかし、総量規制の対象となってしまう消費者金融カードローンについて言えば、総量規制では収入の無い人には融資できないので専業主婦が持てるカードローンとはなりません。夫の収入を担保にして無収入の専業主婦でも消費者金融でカードローンが持てるようになる「配偶者貸付」という制度が利用できれば、専業主婦でも消費者金融カードローンが持てます。配偶者貸付を利用するためには、夫の同意書か承諾書、結婚している事実を証明できる住民票か戸籍抄本、そして夫の収入証明書といった3つの書類をすべて提出できて、書類の内容に不備がなければOKとなります。しかし、すべての書類提出が可能で、かつ内容になにも問題が無くても、プロミスやアコムなどの知名度の高い大手消費者金融では、事務処理手続きなどの煩雑さを理由にして、配偶者貸付の利用を認めていないのです。
中小消費者金融は、大手消費者金融よりもさらに審査が柔軟で、融資自体にも柔軟に対応してくれるので、配偶者貸付を認めてくれるところはあります。つまり、消費者金融カードローンでは専業主婦が持てるのは中小消費者金融カードローンと言うことになると言ってよいでしょう。

 

銀行カードローンなら専業主婦持てるカードローン

 

無収入の人への融資が原則として禁止されてしまう総量規制の対象外となるカードローンなら、「無収入」という利用上の縛りが無くなるので、専業主婦でも持てるカードローンとなります。そして、総量規制の対象外となるカードローンは「銀行カードローン」となります。専業主婦が銀行カードローンを利用する上では、消費者金融と同じように夫の収入を担保にすることとなります。しかし、銀行カードローンの場合は、配偶者貸付の利用ということにはならないので、上記で触れた3つの書類の提出は義務付けられないこととなります。つまり、専業主婦が持てるカードローンとしては、面倒が無いのでかなり利用し易いと言ってよいかもしれませんが、やはり銀行の審査となるので、いかに専業主婦でも持てるカードローンであっても、審査は厳しめとなるので審査に通るのは大変だと思います。

 

また、銀行カードローンの審査では、もちろん利用者本人となる専業主婦の借入状況などに関してしっかり調べられることに加えて、実質的に借主となる夫については、収入状態、経済状態、勤続年数、勤務実績、社内での評判、営業成績など、かなり根掘り葉掘り審査で調べられるかもしれないと覚悟しておく必要はあると思われます。そして、専業主婦本人でも夫でも、なにも問題が無ければ銀行カードローンは専業主婦が持てるカードローンとなります。