専業主婦カードローンでのトラブル

「借りられないところがある」のがトラブルのひとつ

 

私たちみたいな専業主婦って、実はパートなどで働いているような主婦とは異なって、ちょっとお金を借り難い面があるのをご存知ですか?
それは専業主婦が無収入だからです。そして、無収入だと利用できないカードローンというのがあるのでその点は特に注意が必要です。

 

具体的に言うと、消費者金融のカードローンがそれです。消費者金融カードローンはCMでもよく流れており、専業主婦でも利用したいという人も多いと思いますが、消費者金融は総量規制の対象なので専業主婦だとお金を借りれません。それを知らない専業主婦が消費者金融に申込んでしまうと借りられないということになります。

 

総量規制では、あくまでも「収入ある事」が融資の前提になるので、無収入の専業主婦だとどうしてもキャッシングできません。でも総量規制の対象外である専業主婦カードローンなら専業主婦でもキャッシングできます。その総量規制対象外のキャッシングは銀行カードローンとなります。

 

旦那に内緒がばれたというのもよくあるトラブル

 

専業主婦カードローンの利用で割とよくあるトラブルとは、「内緒のキャッシングが夫や家族にばれた」ということです。もちろん専業主婦カードローンでも夫や家族に内緒でお金を借りるのは可能です。それは専業主婦カードローンを利用する際に、一般的には夫の収入証明書の提出が不要で、また夫の職場への確認の連絡も無しでOkとなるからなんです。でも、銀行カードローンによっては夫の収入証明書が必要になったり、夫の職場に確認の電話をいれるところもあるので、そのような銀行カードローンだと内緒で借りたのがばれてトラブルになってしまうのです。

 

また、キャッシング利用をきちんと自分で管理しないと、思わぬことから夫や家族にお金を借りていることがばれて夫に叱られてしまうようなトラブルになります。注意したいのは、自宅に届くキャッシング会社からの郵便物なのです。契約をした際には必ず契約書と利用規約書、カードローン専用カードが自宅に届きます。だからそのような郵便物は夫や家族に見られないようにきちんと管理する必要があります。

 

また、毎月の利用明細書も必ず自宅に届きます。ですから毎月の利用明細書が送られてきたら夫や家族に見つからないようにきちんと保管しておくことが大事です。
銀行カードローンによっては毎月の利用明細書に関しては自宅に送付されないようにできる「WEB明細サービス」に切り替えられるところもあるみたいです。でも、カード送付については必ず自宅に郵送されるみたいなので契約時の郵送物には特に注意するようにすればトラブルは避けられます。