専業主婦カードローン手続きで事前に準備しておくもの

融資引き出すには「銀行カードローン」に狙い定める

 

まず私のような専業主婦がカードローンを申し込むなら、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことが肝要です。なぜなら、総量規制対象となる消費者金融カードローンだと借入が不可能になったり、仮に借入できても手続きが煩雑になってしまうからです。専業主婦でも利用可となるのは、みずほ銀行や新生銀行カードローンレイク、三井住友銀行カードローンなどがあります。

 

それらの中から自分が申し込む銀行カードローンを事前に比較し選んでおくとスムーズに申込手続きを行えます。専業主婦の私たちが自分で借りられるカードローンは銀行のカードローンしかありません。それゆえ、まずは「銀行カードローンに狙いを定めて利用する」といった意識がとても大切になります。そして、いかにスムーズに確実にカードローンの申込みができるかは、「正しいカードローン選び」といった事前の準備をしっかりしておくことが大切です。

 

「本人確認書類」と「収入証明書」は手続き前に準備しておく

 

運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートなどの「本人確認書類」は、手続き前に準備しておいてください。本人確認書類はすべての専業主婦カードローンを利用する人が提出しなければならない書類となり、この書類を提出できない専業主婦には絶対にお金を貸さないからです。また、ネット申込みでWEB完結でキャッシグしたいのなら、本人確認書類は手続き前にパソコンやスマホのカメラで撮影して画像化して保存しておいてください。

 

そうすれば書類の提出を求められてもメールに添付したり、スマホ専用アプリを使ってすぐに送信できます。審査で必要な書類をいかに迅速に提出できるかは、特に即日キャッシングする上で事前に準備しておきたい重要な点となります。もうひとつ手続き前に準備しておきたのは夫の収入証明書です。銀行カードローンでは夫の収入証明書なしで利用できるところが多いのだけど、審査状況によって提出を求められてしまうことがあります。ですから事前に準備しておいてください。夫の収入証明書としては、源泉徴収票・給与明細書・確定申告書の写しなどでOKです。

 

できれば夫にキャッシング利用の承諾をとっておく

 

「夫や家族にどうしても内緒で専業主婦カードローンを利用したい!」という人なら仕方ないですが、できれば夫だけにはカードローンの申込をすることを前もって認めてもらっておいた方が後々でのトラブルを回避できると思います。借りたお金の返済は夫の収入に頼ることになるからです。また、専業主婦の場合、消費者金融ではお金は借りれないことになりますが、どうしても消費者金融で融資を受けたい専業主婦なら「配偶者貸付」を利用する方法があります。

 

でも配偶者貸付を利用して消費者金融を専業主婦カードローンとして利用するためには、手続き前に事前に準備しておくものが必要になるのです。具体的に言うと、夫の同意書、婚姻事実を証明できる住民票か戸籍抄本、加えて夫の収入証明書の書類になります。