未成年の専業主婦カードローンについて

専業主婦の中には未成年で専業主婦をしている方もいると思います。そして、未成年の専業主婦だって、家計を預かっているなかで今月はお金が足りなくてピンチ!どこかで足りない生活費を借りたい!といったことはもちろんあるでしょう。専業主婦でも専業主婦ローンを利用すれば、足りない生活費のお金を借りられますが、未成年という条件が付いてしまう専業主婦の場合も成人の専業主婦と同じように専業主婦ローンが利用できるのでしょうか?

 

原則として未成年へのお金の融資は禁止されていますが、例外あります

 

まず一般的な原則論から言えば、法律によって未成年へのお金の融資はできないことになっています。つまり、20歳以下の人だと専業主婦ローンを含めてローンを利用して融資を受けることはできないと言うことなのです。理由は、未成年だと責任能力が未だ未熟なことから社会契約を結ぶ資格が無い!とされるからなのです。
しかし、未成年でもローンを利用して融資を受けることは可能なケースがあります。

 

親権者や後見人の同意があって保証人となってくれる場合

未成年でもローンを組んでお金を借りられるのです。たとえば、自動車ローンなどは、未成年の人が親に保証人になって組むローンのひとつと言ってよいでしょう。

 

未成年でも結婚しているケース

社会通念上、結婚していれば未成年であっても「成人扱い」となるので、カードローンなどのローンを組む資格はあります。しかし、ローンの審査に通るかどうかは別問題ですよ。また、結婚していれば、きちんと定職に就いて安定収入を確保している筈なので返済能力の審査もクリアできることとなるのでローン利用が可能になると言う訳なのです。そして、最後の点としては、「学生ローン」を利用すれば、未成年でも大学生や専門学校生なら、お金を借りるのは可能です。ただし、学生ローンを未成年が利用する場合には、アルバイトやパートなどで安定収入を得ていることが条件となります。

 

未成年の専業主婦でも専業主婦ローンは利用可能か?

 

未成年でもローンが利用できる上記の条件を鑑みた上で、未成年が専業主婦ローンを利用できるか否かに関して考えてみましょう。未成年でも上記の条件で利用できる共通した点は、安定収入がある事と言うことになります。つまり、未成年でも安定収入さえあればローンが利用できる可能性はあると言うことです。
専業主婦の場合は、無収入となります。それゆえ、未成年の専業主婦は、上記の例外措置には該当していないと言うことになります。さらに言えば、無収入の専業主婦が利用できる専業主婦ローンとなるのは総量規制の対象外となる「銀行カードローン」となります。しかし、銀行ではまず未成年にはお金を貸しませんし、未成年名義でローンを組むことも原則として認めないでしょうね。が、未成年でも結婚していれば夫が配偶者となり、夫が成人男性であれば、安定収入ある成人男性としての夫の信用力と返済能力を担保として銀行での専業主婦ローンを認めてもらえるケースはあるかもしれませんただし、その場合には必ず専業主婦ローン利用に関する夫の同意書か承諾書、加えて夫の収入証明書の提出が絶対条件になると考えられます