総量規制について

カードローンやキャッシングを利用するなら総量規制をしっかり知っておかないと、思わぬところでお金を借りられなかった!といった困った事態に直面してしまう可能性もあります。カードローンやキャッシングをこれから利用しようと考えている人なら、必ず知っておいて欲しい事柄と言ってよいと思います。

 

総量規制はお金を借りるためのルール

 

総量規制が導入される以前のキャッシングでは、年収が高い人も低い人も、借入に制限なく借りたいだけお金を借りる事ができたと言ってよいのです。お金を借りる側としては、いくらでも貸してくれるので利用し易かったとも言えます。その一方で返済できないほど借りてしまう人が増えてしまって返済不履行になったり、借りたお金の返済のために借りまくるといった借金地獄に陥ったりして、それがサラ金地獄」という言葉の流布に伴って、無視できない社会問題となってしまいました。そのことから加熱する融資に歯止めをかけるべく、平成22年6月に貸金業法が改正され、それに伴って総量規制が導入されることになったのです。
そして、総量規制によって年収の3分の1までしかお金を借りられなくなったことで、無原則な融資にストップがかかることになったのです。年収によって借入額が法的に決められたことで、キャッシング利用者にとっては以前よりもお金が借り難くなってしまった事実は否めません。そして、総量規制を導入する正規で合法な金融会社では借りられなくなってしまった利用者が総量規制を無視する非合法な闇金や悪徳金融へと流れてしまう人が多くなってしまったとの事実もあるのが現実です。

 

総量規制の対象は消費者金融

 

総量規制の対象となるのは、貸金業法で融資が規制される消費者金融となります。一方で、銀行法によって規制される銀行カードローンやキャッシングは、総量規制の対象外となるので年収による借入上限額のしばりがありません。つまり、銀行なら原則として収入の3分の1以上の借入も可能になると言うことなんです。
そして総量規制の導入によって無収入の人への融資ができなくなったために収入の無い専業主婦はかなりの影響があります。総量規制の導入以前では、専業主婦でも消費者金融でお金を借りられたのです。しかし、総量規制の導入によって、原則として融資では「利用者本人に収入ある事」が大前提となったのです。つまり、総量規制下では、収入の程度によって借入額の枠が認められることになり、収入ゼロの人だと借入額もゼロとなるので、消費者金融ではお金が借りられなくなったのです。たとえば、年収300万円の人は、総量規制では借入上限が100万円までとなりますが、収入がゼロ円だとゼロ円の3分の1はゼロ円となるので融資枠無しとなります。