配偶者貸付によるカードローンとは?

専業主婦ローンでは、総量規制の対象となる消費者金融ローンは、無収入なので利用不可となります。そのことから専業主婦ローンとしては、総量規制対象外の銀行ローンになると考えてよいでしょう。しかし、総量規制の対象となってしまう消費者金融ローンでも専業主婦が借りる方法はあります

 

配偶者貸付とは?

 

総量規制とは収入の3分の1までが融資上限となるルールです。そして、総量規制が適用されるのは貸金業法の対象となるプロミスやアコム、モビットやアイフルなどの消費者金融となります。銀行法で規制される銀行は、総量規制の対象外となります。そして、総量規制の考え方は、「キャッシング利用する本人に収入ある事」が大前提になるので、収入の無い専業主婦だと利用対象外となってしまいます。また、収入をベースとしてキャッシングできる融資枠を決めるので、収入がゼロだと融資枠もゼロとなって結果としてお金を借りられないということになります。

 

しかし総量規制対象となる消費者金融でも「配偶者貸付」を利用すれば無収入の専業主婦でも利用可となります。そして、配偶者貸付は、配偶者をもつ主婦しか利用できない制度となります。配偶者貸付とは、端的に説明すれば、夫、つまり配偶者となる人の年収を担保にして、無収入の専業主婦でも恰も「収入ある人」とみなしてお金を貸すことができる融資枠を作ると言うことなのです。しかしながら、「夫の年収=専業主婦の年収」といった関係性は成り立つものの、配偶者貸付を利用したからといって夫の年収の3分の1まで専業主婦ローンとして融資を受けられるという訳ではありません。つまり、配偶者貸付は、無収入の専業主婦でもキャッシングできる資格を与えるものと理解していただければよいと思われます。

 

配偶者貸付の利用方法とその実情

 

では、専業主婦が配偶者貸付を利用する際には、どうすればいいのでしょうか?
配偶者貸付を利用する大前提としては、夫にそれなりの安定収入があることとなり、もし夫の収入が不安定であったり、夫の収入が極端に少なかったり、あるいは夫の雇用形態が不安定であったりすると利用できなくなります

配偶者貸付を利用するには
  1. 配偶者の同意書あるいは承諾書
  2. 結婚している事実を証明できる住民票か戸籍抄本
  3. 夫の収入証明書

これらの3つの書類をすべて揃えて提出する必要があります。このうちどれか1つでも提出できなかった場合は、配偶者貸付の利用は認めてくれません。また、これら書類をすべて提出したからと言って、必ず配偶者貸付が利用できると言う訳ではありません。これらすべての書類の内容をしっかり調べた上で、夫の収入を担保にして貸せると判断されて初めて配偶者貸付の利用が可能となるのです。

 

プロミスやアコムなどテレビCMで知名度の高い大手消費者金融では、事務処理手続き等の煩雑さを理由にして、専業主婦の配偶者貸付の利用を断っているのが実情なんです。しかし、それ以外の中小消費者金融なら配偶者貸付の利用を認めてくれるところはあります。そのことから配偶者貸付が利用できる専業主婦ローンとしては中小消費者金融のローンになると言ってよいでしょう。