金利について

ローンを利用する時って、なにを判断基準とするのでしょうか?人によっては審査が柔軟なことでしょうか?またある人によっては借りる安心さということになるのでしょうか。でも、各利用者によってローンを利用する決め手はまちまちであっても、特に「金利」については重要な判断材料にしていただきたいと思うのです。なぜなら、金利によって借りた後の返済負担や返済総額が大きく異なるからです。また、専業主婦ローンにおいても、専業主婦でも利用可となる条件に加えて、是非とも金利に関してもしっかり注意して欲しいと思います。

 

金利は1%でも違えば大きい!

 

金利は、1%でも違うと、借入額の大きさや返済期間によっては、重い負担として圧し掛かって来ます。たとえば、年18%で10万円を1年間借りた場合の金利による利息負担は、1万8千円となります。一方で、年17%で借りると1万7千円となります。10万円くらいだと1%の金利差はたった1000円程度なので気になりませんが、これがもし100万円だと金利差による負担は1万円となり、返済回数が増えれば増えるほど、返済負担はそれだけ重くなります。つまり、金利とは、言ってみれば、「余分に払わなければならないお金」となるので、余分に返済しなければならないお金が少なくなればなるほど得になるのは当たり前なんですね。だからこそキャッシングする時は、できるだけ金利が低いところが得なると言う訳ですね。

 

専業主婦が借りられるローンの金利はどれくらい?

 

あくまでも相対的な金利の比較となりますが、プロミスやアコムなどの消費者金融のローン金利は高めとなり、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などの銀行カードローンの金利は低めとなります。具体的には、消費者金融のローン金利は、年4%台〜18%となり、一方で銀行のローン金利は年4%台〜14%台になると考えてよいでしょう。最低金利に関しては、同じ4%台なので遜色はありません。が、最高金利については、約4%の開きがあります。そして、専業主婦がお金を借りる時には、最高金利の金利水準に注目してください。なぜなら、専業主婦ローンの場合は借入額が大きくならないので、たいていのケースでは消費者金融でも銀行でも最高金利が適用されることになるからです。

 

そして、専業主婦の場合は、無収入なので総量規制の対象となる消費者金融のローンは利用できません。そのことから専業主婦は金利が低めとなる銀行カードローンの利用しか認めてもらえないことになるのです。それゆえ、専業主婦は必然的に低金利のところで借りるようになると言えるでしょうね。たとえば、三菱東京UFJ銀行のローンなら年4.6〜14.6%の金利で借りられます。また、みずほ銀行なら、年4.0〜14.0%となります。さらに、住信SBIネット銀行が利用できれば、年1.99〜7.99%といった夢のような低金利で借りられる専業主婦ローンもあります。